高麗人参の正しい飲み方

にんじんに似たウコギ科の多年草である高麗人参は、中国大陸から朝鮮半島、そして日本と、アジアを発祥としながら2000年にわたって私たちの生活に根付いてきました。

現在も血流を改善する優れた効果を持つことで高く評価されていますが、サプリメントや濃縮液など漢方薬的使われ方が多いためか、高麗人参そのものを利用した正しい飲み方を知っている方は意外に少ないかもしれません。

高麗人参の飲み方は元々外国から伝わっています。

基本的には漢方薬として煎じて飲むもので、約1リットルくらいの多めの水のなかに乾燥した高麗人参を1本から2本いれ、そこにナツメを3個、お好みでしょうがを加え、1・2時間ほど煮出せば出来上がり。

毎日の疲労を回復し、全身にしっかりと血液を巡らせコリをほぐしてくれます。特に高麗人参としょうがのパワーが合わさって、元気になれること間違いなし。

秋から冬、冬から春など寒さが感じられる季節にも積極的に飲みたい薬湯です。

注意したいポイントとしては、弱火でゆっくりと煎じていくこと。
時間をかけて煮出すことが重要です。

また、水の量を少なくして中身を濃くしようとしては逆効果。
高麗人参の成分がしっかり溶けるようにするには、お水の量にも余裕を持ちましょう。

出来上がった高麗人参茶は、大体一日数杯程度を目安に飲むようにすると良いとされていますが、人によっても健康状態には差があります。

特に高血圧の方や心臓病をお持ちの方は、血流が促進され心臓に負担がかかる可能性もありますので、ふつうの分量よりも少な目にするか、場合によっては服用をしないなど注意を払う必要があります。

逆に、冷え性の方や虚弱体質の方、血流が非情に悪い方などは通常の分量よりも多めに飲むように心掛けると良いそうです。

いずれにしても、既往症などで高麗人参との相性に不安がある方については、飲みあわせの問題などちょっとした事であっても事前にかかりつけ医に尋ねておいた方が間違いないかと思います。

こちらのサイトxn--gmq95j107eved.tvにも、煎じ方の解説などが記載されています。

 
文字サイズ変更

プロフィール

こんにちは♪
藤・40代後半・♀です。
キレイになりたい!
更年期を吹っ飛ばしたい!
生活習慣病予防・改善!
健康でいたい!
そんな願望を持っている人たちに役立つ情報を、
体験を交えて発信していきます。
『高麗人参は万能薬』は
神話ではありません♪

Copyright© 2013 Salon de Panax ginseng All Rights Reserved.