高麗人参の歴史

日本でも名前が広く知られている高麗人参ですが、その歴史をひも解いてみると実は2000年もの昔から存在していることが伺い知れます。

古くは1世紀頃の中国の書物に記されていたことが始まりですが、実際はさらに昔から愛用されてきたのかもしれません。

はじめて日本に高麗人参が入って来たときは、聖武天皇への献上品、さらには交易用の品物として朝鮮半島から伝わりました。

現在記録に残っているもので、天平11年(739年)に渤海の文王が高麗人参30斤を聖武天皇に贈ったとされ、酷暑の折に暑気払いの品として贈ったのではないかと考えられています。

時は大航海時代。この頃、海上ルートを経てヨーロッパから多くの宣教師や貿易商人がアジアを訪れていました。

新たな市場を見出そうと貿易商人たちは日本や中国、朝鮮半島を回っていましたが、その時高麗人参という食材が彼らの手に渡り、ヨーロッパにも紹介されたそうです。

その後も日本と朝鮮の交易は続きます。

室町幕府を訪れた朝鮮の使節団は高麗人参を国交贈品として携えていましたし、その後の江戸幕府でも人参はさかんに持ちこまれました。

当時日本ではまだ高麗人参の栽培を行っておらず、自国でも栽培するようになったのは徳川の時代に入って八代将軍吉宗が即位した頃からようやく始まります。

739年の伝来より1000年の時が流れた享保14年(1729年)、初めて高麗人参の栽培に成功しました。

高麗人参が別名「御種人参」と呼ばれるのは、この吉宗が各地の大名に人参の種を送ったとき「御種」と呼ばれたことに由来しているそうです。

現代に入り、高麗人参は化学的研究がされるようになりました。

1960年前後に「サポニン」が発見され、その効果に注目が集まるようになりました。

サポニンは高麗人参以外の食べ物にも含まれていることが判明したものの、今もなお滋養強壮と体質改善の薬効を有する食材として、高麗人参は多くの人々に愛され続けています。

当サイトのほかにも、こちらxn--gmq95j107eved.asiaのサイトがお勧めです。

 
文字サイズ変更

プロフィール

こんにちは♪
藤・40代後半・♀です。
キレイになりたい!
更年期を吹っ飛ばしたい!
生活習慣病予防・改善!
健康でいたい!
そんな願望を持っている人たちに役立つ情報を、
体験を交えて発信していきます。
『高麗人参は万能薬』は
神話ではありません♪

Copyright© 2013 Salon de Panax ginseng All Rights Reserved.