国産高麗人参の魅力

高麗人参は、元は中国大陸や朝鮮半島を起源とする薬膳料理用の食物です。

日本国内にもたらされたのは奈良時代とかなり古いのですが、江戸時代、八代将軍吉宗の代になってからようやく高麗人参の栽培が始まりました。

現在でも福島県会津地方や長野県東信地方などで高麗人参の栽培がなされていますが、サプリメントや原液なども含め圧倒的なシェアを占めているのはやはり外国産のものであるといえます。

外国産が主流の高麗人参ですが、国内産を購入するときに外せない大きなメリットがあります。

それは何といっても、安全性に配慮できる国産であるということ。

これは、中国や韓国、北朝鮮などの国々とは比べものになりません。特に不純物や化学物質の混入を嫌う高麗人参ですから、水や土の問題は配慮しすぎてもしすぎることはないくらいです。

日本国内の農家はそういった問題に関心が高く、配慮も十分に行うことができますから、外国産よりも国産のものの方が安心度は高いといえるでしょう。

また、高麗人参だけに限らず「地産地消」は非常に重要な問題です。

日本で暮らしていて、外国産の食物が安いからといってそればかり買い続けていると、市場は滞ってしまいます。

地元から日本を明るく元気に盛り立てていくためにも、地産地消を積極的に行うようにしたいものです。

元は外国から入って来た高麗人参ですが、地方の農家によって手間ひまをかけて作られているものですので品質や栄養価については信頼できるといえます。

万が一問題が起きた場合でも、農家やJAに問い合わせをしてサポートが受けられますから、食材の原産地に気を遣っている方でも安心して消費ができるでしょう。

外国産の場合、何も考えず購入してしまうと実の中に農薬などが含まれている場合もあります。

健康になるつもりで買った高麗人参が農薬に汚染されていると大変です。

高麗人参に限らずどんな野菜やお肉であっても消費者である私たちがしっかりと吟味し、選択するようにしたいものです。

 
文字サイズ変更

プロフィール

こんにちは♪
藤・40代後半・♀です。
キレイになりたい!
更年期を吹っ飛ばしたい!
生活習慣病予防・改善!
健康でいたい!
そんな願望を持っている人たちに役立つ情報を、
体験を交えて発信していきます。
『高麗人参は万能薬』は
神話ではありません♪

Copyright© 2013 Salon de Panax ginseng All Rights Reserved.